信州須坂移住支援チーム

「須坂市に住んでよかった」 「須坂市に住んでみたい」と思える魅力的なまちを目指しています。

カテゴリ: お知らせ

2018/06/15

【東京で移住相談会開催】今年度最大級の長野県移住イベントです!

Permalink 13:57:14, カテゴリ: お知らせ, 移住相談会  

7月8日(日)今年度最大級の長野県移住イベント「信州で暮らす、働くフェア」に須坂市も参加します!

長野県内26市町村が東京に集まり移住相談会を開催します。先輩移住者によるセミナーやトークライブ、また各市町村によるブースでの個別相談もあります。 
須坂市の仕事や住まい、子育て環境をご案内しますので、この機会にぜひ会場へお越しください!

◆日時 7月8日(日)11:00〜17:30
◆会場 東京交通会館12階カトレアサロンA
  東京都千代田区有楽町2-10-1 http://www.kotsukaikan.co.jp/access/

詳しくはこちらをご覧ください
https://www.rakuen-shinsyu.jp/modules/event/page/520

2016/05/26

なんと!84名の市民の皆さんを取材したインタビュー集が完成しました!

Permalink 11:43:54, カテゴリ: お知らせ  

須坂市政策推進課信州須坂移住支援チームの地域おこし協力隊が月に2回、移住を考えている方に須坂の暮らしを感じていただくため、メールマガジン「信州須坂ふるさと応援団メルマガ『ふるさと宅配便』」を発行しています。その中で、毎回、2名のお店をやられている方、会社を経営されている方、ものづくりをされている方、須坂へ移住してきた方などにインタビューを行っています。今回は、平成26年5月から平成27年3月までに紹介した84名のインタビュー記事を1冊にまとめました。


インタビュー収録集

 読んで、訪れたい人、住みたい人が増えるよう、様々な面白い物や事に焦点をあて取材をしました。その中には、昔から須坂に暮らしてきた人々が築いてきた伝統もあります。地域の多様な文化もあります。四季折々の豊かな自然もあります。もちろん、個性豊かな人々も紹介しています。そんな須坂の宝物を編集しまとめました。須坂の暮らしのガイドブックとして活用する予定です。(地域おこし協力隊 和田)


信州須坂移住支援チーム
地域おこし協力隊 和田 央士

2016/05/17

河東線記念公園はどうなるの?

Permalink 18:20:11, カテゴリ: お知らせ  

 地域おこし協力隊の和田です。
 須坂駅の南側にある、長野電鉄屋代線の廃線跡。地元住民や企業、そして行政が協力して「河東線記念公園」というかたちでの活用が決まりました。
 河東線記念公園に隣接している株式会社サンジュニアの寮で須坂園芸高校3年生のみなさんに活用案についてプレゼンテーションをしていただきました。活用案については河東線記念公園運営協議会でアイデアを磨いたり、予算調整を行い実現化するとのことです。


須坂園芸高校の生徒さんはエネルギッシュで目がキラキラしていました。

今回活用案のアイデアの敷地はこの部分です。

活用案に関しては


おもしろいエントランス


安らげそうなウッドデッキ


一番提案で面白いと思ったのは、駅のホームをイメージした東屋。
農作物の販売ステーションとしての活用できるとのことです。
公園で農作物を売っていたら賑わいを生んで良い感じになりそうです。

とても面白い提案ばかりでした。来年度くらいに改修するそうです。みなさん今後の動向をお楽しみに!

2016/04/14

「須坂市で暮らすには光熱水費ってどのくらい?」

Permalink 15:54:18, カテゴリ: お知らせ  

先日参加した移住相談会において、ある相談者から「須坂市の冬ってどのくらいの光熱費がかかるんでしょうか?」との質問があり、即答ができなかったことを反省し、地元に戻って早速調べることに。同僚の職員で、ひとり暮らしをしている40代女性からの情報をまとめました。
あくまでも一例ですが、ぜひ参考にしてください!!

画像をクリックするとPDFをご覧いただけます。

やはり都会の方からすれば須坂市での冬の生活はどんなものなのか見当がつかないのは当然ですね。
そういう観点で、いろいろな角度から移住に関わる情報集めをしていきたいと思います。

「子育て世代とシルバー世代の交流」にお邪魔しました。

Permalink 11:24:06, カテゴリ: お知らせ  

「子育て世代とシルバー世代の交流」にお邪魔しました。
高橋町のシルバー農園でシルバー人材で働いている方が先生となり、お母さんと子どもがたねいもやネギを植えてました。


子供「おっけー」先生「よく植えたね!」とかわいらしいやりとり

ほほえましい景色でした。8月に収穫するそうです。11月には、みなさんですいとんを作るそうです。
多世代で農業を通して交流することって素敵だな。そんなことを思った一幕でした。

地域おこし協力隊 和田

:: 次のページ >>