須坂発!おいしい農産物日記

須坂市農林課産地ブランド係から

カテゴリ: きれいな花たち

2016/03/23

菜の花 咲いた♪ もちろん…食べる!

「もう春だなあ」
立春を過ぎてから、挨拶のように交わされる言葉。気候はどんどん変わっていきます。

風が吹くようになり、雪が積もらなくなり、雪解けがすすむ山の色も変わり、先週は見られなかった草花が咲いていたり。
この間まではフキッタマが顔を出したと喜んでいたのに、もうトウが立っています。

どれも、都会のビルでは見ることのできないもの、感じることのできない成長していく春の姿、とでもいいましょうか。地域おこし協力隊の田島です。こんにちは。

なのはな

秋に種を蒔いた野沢菜に花が咲きましたよ。:)

肥料が足りなかったようで大きく育たず心配していましたが、小さいながらもトウが立ち、花蕾をつけてくれていました。

ハイ! ここで「移住者あるある」:lalala:

去年の春、須坂に引っ越してきたばかりの頃、地元野菜直売コーナーで売られていた「菜の花」の表示に感激しました。その表示とは・・・

「菜の花(野沢菜)」

・・・“(野沢菜)”?!88|

もともと食べることが好きで、季節を感じるような野菜は積極的にとっていました。フキノトウ、タラノメ、フキ、もちろん、菜の花も。
でも、菜の花は「菜の花」として売られていました。
・・・ “(野沢菜)”って! さすが、信州!ですね!!!:>>

甘さの中にささやかな苦み。春の風味です。
これから花を咲かせるための蕾には、春の風味とともに栄養もギュッと詰まっています。

旬を食べよう♪ 今だけの、「菜の花(野沢菜)」;)

パスタ
同じく旬のホタルイカと合わせて。
春のアーリオ オーリオ ペペロンチーノ・パスタ♪ 白ワインによく合いますよ♡

2016/01/04

あけましておめでとうございます \(^o^)/

穏やかな新年が明けました。
今年もよい年にしましょう!
どうぞよろしくお願いいたします。地域おこし協力隊の田島です こんにちは。

新年の挨拶で、親戚や友人から聞かれたうれしいことば。

「ぶどうに対する考え方が変わるくらい美味しいぶどうだった。」
「りんごもとっても美味しかった。」
「今年も須坂の果物を食べたい。」

必ず喜んで頂ける、須坂の美味しい農産物。
今年も頑張って紹介していきましょう!:p

だるま

2015/06/09

農産物日記番外編~山野草を食べてみた

Permalink 18:53:37, カテゴリ: きれいな花たち  

信州須坂、ただいま『赤くてきれいなもの』が旬!!
さくらんぼう と 高原のレンゲツツジです:oops:

レンゲツツジ

タイトルのとおり、本日のブログは”農産物日記”ではありません。”おいしい番外編”。
身近な”野草”を、安全に美味しく食べる学びの機会がありましたので、そのご紹介とご報告をいたします。:>>

山野草

南部地域公民館と仁礼コミュニティセンターの共催で3年目を迎えた「峰の原 山野草教室」です。
峰の原のレンゲツツジが、まさに身頃を迎えるこの時期に開催されています。

屋外学習の時間では「須坂青年の家」周辺の野草の観察及び採集を行い、屋内学習の時間に、先生による野草の解説と鑑定…毒の有無や食べにくさを教えていただき、食べれるものだけ持ち帰ります。
たくさん採集するぞ~
鑑定中
ヨウシュキイチゴトリアシショウマ

その後、お待ちかねの料理教室&試食会。
身近にあるヒメジオンやアカツメクサなど十数種類の野草たちを天ぷらにして頂きました。
おいしい
LetsCookingLetsCooking!
てんぷら!

講師の須山 正男先生は、長野県薬草指導員・長野県自然インストラクター・長野県きのこ衛生指導員で、「須坂きのこ展」講師のほか、多数の野草教室でご講演をされておられます。先生の講演は、漫談を聴いているようで:>>、とにかく、面白い、楽しい時間でした。

おいしい雑草

農産物ではないけれど、手に届く信州須坂の自然の恵みを、今日も美味しく頂きましたB) 
ご馳走様でした:)

☆☆☆☆☆☆★☆

↓「須坂青年の家」に掲げられていました… グッときた!!!:>> 
来たときよりも逞しく!

たしかに、、ここ、信州須坂・峰の原高原で山野草のおいしさを学び、ま~た少し逞しくなったような気がします!;)

本日は”おいしい農産物日記”をジャックして…、
番外編”おいしく逞しくなれる信州須坂日記”でした!B)

2015/04/20

豊丘地区で眼の保養をしよう!

信州須坂は桜ざかり:D
都心と比べると、開花してから花を楽しめる時間が長いです。
日中は暖かな日差しが降り注いでいても、朝晩はまだまだ冷えるので、花がもつのでしょう。
それに加えて、緩やかな坂の扇状地形が高低差による温度差や日当たりといった条件の多様性につながり、各地区や桜の種類によって開花時期が異なるので、市内いたるところで長く桜が楽しめるわけですね;)
また、市内には樹齢数百年にもなる天然記念物の桜の大木も数多くあります。
その1本が佇んでいるだけで、自分が絵画の中に入り込んでしまったかのような、それぞれの木の持つ独特の世界感に圧倒されます:oops:

信州須坂豊丘地区には、「豊丘五大桜」と称される桜の大木が点在していますが、そのひとつ、「大日向観音堂の夫婦枝垂れ桜」を見にいってきました。
ここには、樹齢推定250年といわれる夫婦桜と、その子桜(樹齢推定100年)、孫桜(樹齢10年)が、里山の風景の中に穏やかに佇んでいました。
大日向観音堂の夫婦枝垂れ桜

ここでは近所の住民の皆さんの善意により、駐車場や休憩所が設営されています。
休憩所のテントの中はストーブがたかれ、曇り空も晴れ渡りそうなくらいに朗らかな地元の皆さんが、暖かいお茶と手づくりのおでんやお惣菜で訪れた人々をおもてなしされています。
桜に見守られて育った地元の皆さんが、桜と地元の環境を、人の輪で守っているのですね:p
そこには、近所の住民の皆さんが共に過ごしている桜の年に一度の晴れ姿を、みんなでお祝いするかのような、楽しい語らいの場がありました;)
 心は行動となり、
  行動は習癖を生み、
 習癖は品性をつくり、
  品性は運命を決する。
80年以上この近所に住んでおられるという人生の大先輩の方が、いつも心に抱いているというこの言葉を教えてくださり、須坂に移住してきた筆者を激励してくださいました:)

人生修行真っ最中のアラフォー筆者、この日もまた素敵な出会いに恵まれ感謝です。
夫婦枝垂れ桜からの休憩所

この日、もうひとつの「眼の保養@豊丘」を訪問してきました:)
豊丘地区の上のほうにある「そのさとブルーベリー農園」さんです。(http://blog.suzaka.jp/sonosato.b.b.f)
そのさとブルーベリー農園

向こうのカシス畑のほうから、農園ブログにも度々登場する黒ラブのゲンタ君と歩いてくる市川さんを発見
 筆者  「ゲンタ君、ものすごくいい毛艶ですね~!」
 市川さん「そりゃそうよ、いいもの食べてるもの!」
聞けば、ゲンタ君は栄養満点で美味しいブルーベリーやカシスをはじめとする地元の果物が大好物でしょっちゅう食べているのだとか。うらやましい…。
なんといっても、自身で育てた作物や地元のものを、「いいもの」と声を大にして誇れるって、カッコイイです!
市川さんは数年前に就農され、ブルーベリー農園を始められたそうですが、しっかりと常連のお客様の胃袋とハートをつかんでいらっしゃるB)

「一人でコツコツ農作業をするのが好き」とおっしゃるけれど、その瞳はいつも笑っていて、この方といると「楽しい」が伝染して、こちらも楽しくなってくる♪♪♪
気がつくとあっという間に時間が過ぎていました;)

市川さんの「そのさとブルーベリー農園」では、評判のアイスクリームの他にも、果実や摘み取り、苗木の販売もされています。
たくさんの品種を育てていらっしゃるので、夏の間、様々な品種ごとの旬を味わって、来年の春、お気に入りの品種の苗を育ててみてはいかがでしょう?

いまブルーベリーたちは蕾を膨らませています。
これから花が咲き、実がふくらみ、色づき、、
甘酸っぱい美味しさに会えるのは、早くて6月の下旬からだそうです;)

ブルーベリーの蕾

2014/05/08

花満開!

Permalink 13:28:56, カテゴリ: きれいな花たち  

本日は、初夏の陽気になりました:p
桜の時期も終わり、市内から少し車で走ってみると、りんごの花が満開:D

北信五岳とのコラボ:)最高ですね~

:: 次のページ >>